日々汚れが溜まる玄関の掃除について

e609aa3641c3755836c78a8d3006a270_s

玄関の印象

家の中にお客さんを迎えるときに真っ先にお通しするのは、玄関です。

したがって、玄関の状態というのは、その家のイメージを大きく印象付ける重要なポイントといえるのではないでしょうか。

玄関がキレイに整えられていれば、家全体がスッキリとした爽やかなイメージになりますし、玄関が雑然として散らかっているようであれば、家全体がゴチャゴチャした片付いていないイメージとなります。

とはいえ、リビングやキッチンなどの掃除と比べると、玄関の掃除はついつい後回しになってしまうという人も多いかもしれません。

玄関をキレイに保つポイントは、日々溜まる汚れをこまめに取り除くことです。

ですから、日々のお手入れとしては、ほうきや掃除機を使って玄関に溜まった泥や砂の汚れを取り除き、拭き掃除をするというやり方が定番となります。

砂や泥の汚れを良く落とすために、いきなり水をまいて掃除をする人がいますが、砂や泥は水で湿らせてしまうと汚れがこびりついて落としにくくなってしまうこともあるので、基本的には乾いている状態で汚れを取り除くところからはじめるようにします。

雨の日の後などで、泥汚れがこびりついてしまった場合には、玄関が乾いてから大まかなホコリや泥・砂を取り除き、こびりついた汚れ部分を重点的に拭いてから全体を拭き掃除するようにするとよいでしょう。

 

ハウスクリーニングの活用

ちなみに、和風建築などで玄関に白木を使っていたり、高級感のある大理石を使った玄関などの場合は、素人の掃除テクニックではなかなか充分なメンテナンスができないことも多いようです。

たとえば白木の玄関などは、毎日お掃除をしていても長年の風雨や日差しで色あせやシミ、カビなどが発生してしまいますし、大理石の玄関は次第にツヤが失われていきます。

そんな時は、プロのハウスクリーニング業者などにメンテナンスを依頼すると、材質や汚れの種類に合わせた専用の薬剤などを使った汚れ落としを行なってくれるようです。

業者によっては表面のコーティングなども対応していますから、その後の汚れの防止にも役立ちます。