お気に入りのカーペットのクリーニング

カーペットの汚れ

お部屋のイメージに大きく影響するカーペット。

お気に入りのカーペットは、きちんとお手入れして長く使いたいですよね。

カーペットのお手入れというと、やはり一般的なのは掃除機をかける、というもの。

毎日掃除機をかけていれば、その分ホコリなどは溜まりにくくなるはずです。

しかし、どんなにがんばって掃除機をかけていても、カーペットの毛足の奥のほうにはどうしてもホコリや髪の毛、糸くずなどが残ってしまうこともあります。

特に髪の毛や糸くずはカーペットの毛に絡み付いてしまうため、取り除きにくいゴミといえます。

また、食べ物や飲み物をこぼすなどして、カーペットにシミを作ってしまうというのもよくあるトラブルのひとつ。

特に小さなお子さんがいる家などは、毎日のようにカーペットに汚れが付着していくことも珍しくありません。

 

カーペットのお手入れ

では掃除機ではケアしきれないカーペットの汚れは、どのようにお手入れしていけば良いのでしょうか。

実は、髪の毛や糸くずなどのガンコな汚れを取るためには、意外なアイテムが役に立つのだといいます。

そのひとつがタワシ。あまりゴシゴシこすってしまうと、カーペットを傷めてしまうこともあるので注意が必要ですが、カーペットの表面を軽くなでるようにこすれば、毛足にからまったガンコなホコリを面白いように取ることができるそうです。

細かなホコリなどは、ゴム手袋をはめてカーペットを優しくなでることで取ることもできます。

また、カーペットについたシミを取るためには、できるだけ速く対処するのがポイントです。

シミをつけてしまった部分に霧吹きで水やぬるま湯を吹きつけ、タオルでシミ部分をポンポンと叩いて汚れを落とします。

このとき、タオルにシミをうつしとるようなイメージで叩くのがポイント。

ゴシゴシこすってしまうと汚れが広がったり、カーペットを傷めてしまう原因になりますから注意しましょう。

それでも落ちないシミや汚れは、中性洗剤やアルコール、ベンジンなどを使用して落としていきますが、あまりにもガンコなものはハウスクリーニング業者などのプロを頼ってしまったほうが確実かもしれません。